膝前十字靭帯損傷

膝前十字靭帯(ACL)損傷は、バスケットボール、バレーボール、バトミントン、ハンドボールなどジャンプや片脚の着地、スキーなどで発生します。相手との接触がない非接触損傷が多く(約70%)、ラグビーやアメリカンフットボールなど相手との接触で発生する接触損傷は半月板や側副靭帯損傷などを合併することがあります。非接触損傷は女性に多いことも特徴です。前十字靭帯は膝関節内の真ん中にあり、大腿骨と脛骨を連結し、下腿の前への移動や捻れを制限しています。(図1 膝の解剖図)

図1:膝の解剖図


[ 診断 ]

受傷時に「ゴリッ」「ボキッ」という靭帯の断裂音や断裂した感覚があり、痛みのため歩けなくなります。
徐々に膝の腫れ(関節内血腫)が出現し、膝の可動制限が起こります。靭帯が断裂し靭帯の支えがなくなるため関節が不安定になります。診察でこの不安定性のテストをすると診断が可能です。
さらにMRI検査により診断の確定と、ほかの関節内の病変を確認します。

[ 治療 ]

受傷後関節内血腫が消失し、関節の炎症が静まるまでは装具などで膝を保護しながらリハビリテーションを行い経過をみます。その後徐々にスポーツ活動に復帰、危険な動作を避けながらスポーツを続けられるかどうかを判断します。日常生活レベルの活動や膝の捻りやジャンプ動作を伴わないスポーツであれば多少の不安定性が残っていても問題となることは少ないようです。
スポーツを続けるうち膝が不安定なために膝がガクッとはずれるような状態(膝くずれ)が起こるようであれば手術により靭帯再建を行い膝の安定性を獲得することを勧めています(手術法)(画像3 正常のACL、画像4 断裂したACL、画像5 再建したACL)
側副靭帯損傷を合併するときは早期に手術をすることもあります。手術は約3週間ほどの入院が必要なため、都合がつく時期を選んで手術を受けられることが可能です。その後は週に2~4回程度通院でリハビリテーションを続け、競技復帰まで半年ほどかかります。

図3:正常のACL
図3:正常のACL
図4:断裂したACL
図4:断裂したACL
図5:再建したACL
図5:再建したACL


文責:菅原 誠