反復性肩関節脱臼の治療

スポーツ等の外傷で肩が脱臼してしまうことがありますが、その後にわずかな力でも肩が外れやすくなってしまう場合が少なくありません。いわゆる『脱臼がクセになった』状態で、日常生活や、寝ている間に外れてしまうこともあります。
特に最初に脱臼した年令が若い方に再発が多く、20才以下の再発率は90%と言われています。原因は、肩の関節にある靱帯が、骨からはがれてゆるんでしまっているからです。

[ 診断 ]

腕を後ろに引いたときに肩が外れそうになり、不安感や痛みが感じられます。
MRIで、靱帯と連続した関節唇が骨よりはがれているのが確認されます。(画像1)

画像1:骨からはがれた靱帯・関節唇(MRI)
画像1:骨からはがれた靱帯・関節唇(MRI)


[ 治療 ]

脱臼が初回の場合は、三角巾で肩を固定した後に、肩周囲の筋力強化のリハビリを行い、スポーツに復帰します。しかし、2度、3度と脱臼を繰り返す場合には、はがれた靱帯が修復されていないと判断され、手術にて靱帯を修復する事をお勧めします。当院では、内視鏡を用いた修復術を行っています。
内視鏡手術は、従来の手術法にくらべ、創が小さく、手術後の可動域制限が少ないことが特徴です。手術のためには、全身麻酔と1週間の入院が必要です。
手術時間は約2時間で、関節鏡視下に、はがれた靱帯を関節に3~4ヵ所縫合します(画像3)

画像2:はがれた靱帯・関節唇(関節鏡)
画像2:はがれた靱帯・関節唇(関節鏡)
画像3:関節鏡視下に、縫合された靱帯・関節唇
画像3:関節鏡視下に、縫合された靱帯・関節唇


[ 手術後 ]

手術痕は、肩の前方に2ヵ所、後方に1ヵ所で、それぞれ1cm程度です(画像4,5)
退院後3週間、入浴時以外は、装具(画像6)にて固定します。その後、肩を挙上する訓練が始まり、術後2ヶ月後には、日常生活に不自由がなくなります。
スポーツ活動としては、1ヶ月でランニング、3ヶ月でキャッチボール、腕立て伏せが可能となり、手術後6ヶ月でスポーツ活動に復帰できます。

画像4:手術創(前方)
画像4:手術創(前方)
 
画像5:手術創(後方)
画像5:手術創(後方)
 
画像6:術後の固定装具
画像6:術後の固定装具


文責:高橋 輝一