腰椎分離症に対するリハビリテーション

 腰椎分離症は、腰椎に伸展や回旋ストレスがくり返し加わる事によって生じるため、このようなストレスを軽減させるトレーニングを行ないます。

1)他の腰痛症と同様に腹筋や背筋のトレーニングが大切です。

①腹筋運動
 両膝を立てて仰向けに寝ます。おへその下に力を入れた状態からゆっくりと頭から肩甲骨という順番で身体を起こして行きます。膝の皿に手が届いたらゆっくりと身体を元の状態へ戻して行きます(図1,2)。勢いをつけて行うと症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。

図1
図1
図2
図2


②上下肢交互挙上運動
 両手両膝をつき、お腹に力を入れます。上半身を水平に保ったまま、右手左足のように対角線に手足を上げ腹筋と背筋を鍛えます(図3,4)。お腹の力が抜けて腰を反って行うと腰に負担がかかり痛みが強くなるため注意が必要です。

図3
図3
図4
図4


2)おしりの筋肉や胸椎が硬いと、体を捻る運動のときに腰椎の回旋ストレスが大きくなります。

①殿部(おしり)のストレッチ
 仰向けになり、左膝を立てた状態で右足首を左太ももにのせます。両手を左すねに回し、左太ももを胸に近づけるように引っ張ると右のおしりの筋がストレッチされます(図5,6,7)

図5
図5
図6
図6
図7
図7


②胸椎(背中)をひねるストレッチ
 横向きに寝て両手を前に伸ばします。上の手を背中の方へ伸ばすと胸椎や胸まわりがストレッチされます(図8,9)。腰を捻ってしまうと痛みが強くなるので注意が必要です。

図8
図8
図9
図9


3)股関節の前面が硬い場合、後屈(後ろに身体を反る動作)を行う際に骨盤が後ろに傾かず、腰椎の伸展運動が大きくなり伸展ストレスがかかります。

①腸腰筋(股関節付け根)のストレッチ
 あしを前後に開き、左の股関節を前方に押し出すようにすると左の腸腰筋がストレッチされます(図10,11)図11のように腰を反らし過ぎると痛みが強くなる場合があるので注意が必要です。

図10
図10
図11
図11


4)胸椎が硬いと後屈時に腰椎ストレスがかかるので、胸椎のストレッチを行います。

①胸椎(背中)を反らすストレッチ
 両手両膝を床につき四つ這いとなり、その状態から背中を反らしながらお尻を後ろにひくと胸椎がストレッチされます(図12,13)

図12
図12
図13
図13