麻酔科
[ 麻酔科について ]

麻酔には、全身麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔、伝達麻酔、局所麻酔などの方法があります。
疾患、年齢、合併症などを考慮して、個別に単独で行なうか併用して行なうか麻酔の方法を選択します。