スポーツの精神的効果

ゲートボールは高令者に人気の高いスポーツです。私たちは北海道ゲートボール連合会員859名を対象に、ゲートボーラーの健康調査を行っています。その結果、日常生活に対する影響として、82%の人は友人ができたこと、61%の人は外出をする機会が増えたこと、さらに約30%の人は服装に気をつけるようになったこと、性格が積極的になったこと、家族との団らんがもてるようになったこと、を挙げています。

またゲートボールを始めてから、体の色々の症状が改善されています。一番多く認められたのが、よく眠れるようになったことです。ついで、長い距離を歩けるようになった、頭の働きがよくなった、胃の不快感がなくなった、階段昇降が楽になった、などが認められています。ゲートボールの運動では、身体的な効果の他に、精神的な効果が強く表れています。
このような精神的な効果が認められた原因として、運動による自律神経系の機能の改善が考えられます。つまり運動により交感神経と副交感神経の緊張の変化が鮮明となり、日常生活において副交感神経が優位となっていることが推測されます。