松田整形外科記念病院の医療への取り組み、スポーツ整形への取り組み、新しい技術を紹介します

薬剤部

[薬局理念]

適正な医薬品使用の推進を図る。
チーム医療の一員として患者中心の医療へ貢献する。

[スタッフ]

当薬局は薬剤師2名で仕事をしています。

[調剤業務]

当院では医薬分業を実地しており、院外処方箋を発行しています。薬剤科では主に入院患者様の調剤を行っています。
医師の発行した処方箋を十分に監査し、細心の注意を払いながら過誤のない調剤を心がけております。
また、患者様が少しでも飲みやすくなるように、錠剤やカプセルを粉砕したり、飲み間違いがないように服用回ごとに1回分ずつ分包(1包化)したりしています。
注射剤については患者様ごとに調剤し、各病棟へ払い出します。


[病棟業務(薬剤管理指導業務)]

薬剤師が直接患者様のベッドサイドへ行き、お薬を十分理解していただいたうえで、安心して服用していただけるよう服薬指導を行なっています。
また、患者様へよりよい医療サービスを提供することを目的として、病棟活動の充実を図っております。


[医薬品情報(DI)業務]

薬剤師は医薬品を取り扱うにあたって、その効果、用法・用量、副作用、相互作用などを把握しておかなければなりません。
そのために常に、医薬品に関する最新の情報を収集し、その情報を患者様や医師・看護師に提供することで、患者様を中心とした医療チームの一員として、医薬品の適正使用を推進し、安全でより効果的な薬物療法の実現に寄与しております。

[各種委員会への参加]

薬剤師としての専門知識を活かして、各種委員会でも重要な役割を担っています
(参加委員会)
医薬品安全委員会、院内感染対策委員会、褥瘡委員会、栄養委員会、医療機器安全委員会、CS委員会、事故報告分析委員会、医療安全委員会